未知の湖沼探索 【D3フィールドスタッフ 石川学】

とある休日、友人と残雪の残る山上湖へと探索に出た。


そこは自分にとって、まだまだ未知のフィールド。
今回、初めてまともにロッドを振ることになったのである。


サーチベイトはD-3Custom Spoon 14g ピンクシェル。


D-3Custom Spoonは厚くコンパクトに設計されたブランクが特徴で、
飛距離と沈下速度の速さは湖沼のサーチベイトとしての能力も非常に優れている。


カウントダウンからブレイクライン上をタイトに攻めてくると、わずか2投目で結果が出た。

まなぶ1


北海道を代表する生っ粋のネイティブ、エゾイワナ(湖沼型アメマス)である。


まなぶ2




その猛々しいファイトと精悍な顔つきにすっかり魅了されてしまった。


今後もこのフィールド探索は私のライフワークとなっていくことだろう。




【使用タックル】
ロッド :D-3Custom Lures・Blakiston BKT-608MLプロト
リール :シマノ・ツインパワー2500S
ライン :シマノ・パワープロ1号
リーダー:バリバス・トラウトショックリーダー・フロロ14Lbs
ルアー :D-3Custom Spoon ピンクシェル 14g

シャロークランク   【 田代兼一 】

雨の中、山奥にブラウンを狙いに先輩とともに向かった。

少し濁りがあるが水量は思っていたほど増水しておらず水温の低下も見られなかった。

春先は大型が浅瀬まで追いかけて来るのが見えるので、
慎重に川に近づき昨年いい思いをさせてもらった80mmのシンキングミノーで広範囲を探るが反応は無い。


そこで気持ちを切り替え購入したてのシャロークランクにてトライ。

なんともいえないブリブリとした感触を感じながら
朽ち果てた大木周りの深みを福ゼミシャローが通過した瞬間
大きな口をあけヒット!!

けん1


すべてが丸見えだったので合わせも完璧だった。

この川にしては珍しい色が薄い固体で、季節柄なのかすこし痩せていた。

快く釣りに送り出してくれた妻に感謝した一日でした。





支笏湖  【 D‐3フィールドスタッフ 前田春菜 】

春らしく暖かい日もあれば
雪が降ってみたり
北海道の春は忙しい天気です。
IMG_9095.jpg



私は数年振り、
もう何年前かも覚えていないぐらい久しぶりに支笏湖に行きました。

IMG_9093.jpg

あの時は絶望感しかなかったですが、
今回はもしかしたら…!というわくわく感でキャストし続ける事ができました 笑

釣る事はできなかったけど

また行きたいな〜
次こそは!!

と思いました。


IMG_9094.jpg

これから春の陽気を感じながら
釣りを楽しみます(*´꒳`*)

レンジの差  【 D‐3フィールドスタッフ 小林孝平 】

朝から気温の高いこんな日は自然と川へ足を運んでしまう。



近場の川に一年ぶりにパトロールしに行くと
水は少し多いが釣りは出来そうなので手始めに使ってみたかったDダリアを結んで釣り上がる。

IMG_9083.jpg


ある程度進むと水深のある淵に到着し
絶対いると睨んでアップでキャスト。
IMG_9088.jpg

チェイスがあるけど喰わない。


そこで作戦変更しDダリアにガン玉フックを装着しボトムまで沈めブリブリとリトリーブ。

1キャストでアタリ!

魚は底に張り付いていた様子。

IMG_9086.jpg

それからボトム中止にルアーを通すと素直にリアクションしてくれ、元気なニジマスに遊んでもらいました!

IMG_9084.jpg


釣り ⇔ 山菜    【 吉田広哉 】



早春の釣りはなかなかタイミングが難しく、
魚の姿を見ることなく終わる事や、そもそも雪代で釣りにならないことも珍しくありません。


そんな時、私は大好きな山菜採りに興じる事が多くなります。

こうやこうあB4189CEB0E


育ちの早い山菜はあっという間に食べ頃が過ぎていくので、釣り以上にタイミングが大事です。


こうや821E3AA24
釣りはとは違い、山菜のポイントとタイミングをはかるのは得意のようで
大好きな行者にんにくやミツバを思いの外収穫出来ました (笑)


最近発売された KAID のアクティブヒップバッグは、
ネットを納める所の内側に隠しポケットが設けられており、
私はコンビニ袋や、ポケットティッシュを忍ばせてあります。


こうや15F

今回のように山菜採りにシフトしたときにも便利です!

これからもマイペースに釣りと自然を楽しんでいこうと思います