初春の虹鱒  【D-3フィールドスタッフ 前田洋一】

厳しい寒さも緩みようやく春めいてきた今日この頃。
久しぶりに虹鱒の顔が見たくなりフィールドに出た。

雪深い河原を釣り歩くも反応は無し
「やっぱりチョッと早かったかな・・・」
と思いながらも折り返しの最終ポイントに。


「ここなら出るかも」
と思える広いプールのポイントは実績N01
折れかけた心で狙うこと数投目に待望のヒット。

アタリこそ弱かったものの暴れる魚体はなかなかの良型。
ニヤニヤしながらも慎重にランディングしたのはカッコいい顔のオスだった。
IMG_8551.jpg


今年の最初の虹鱒が50UP。
最高のスタートを切ることが出来た。

IMG_8554.jpg




本当に今年はツイてるなぁ・・・笑


【D-3フィールドスタッフ 前田洋一】

自分らしく。 【D-3フィールドスタッフ 小林孝平】



ベイトタックルで狙うのが僕のスタイルです。
 

ベイトタックルは、
「 ダイレクトに魚の引きが伝わる 」
 とか
「 キャストのアキュラシーが・・・ 」
なんて言われてますが、僕の場合はただ単純にキャストして巻くのが楽しいんです。

軽量ミノーが飛ばせないならとルアーを自作するほどのめりこみました。
気づけば、ルアーのサイズも大きくなり、狙う魚も大物専門になってしまいました。


IMG_8514.jpg

もちろん今年もこのスタイルでいきますが、
たまにはスピニングで湖などの違うスタンスもありかなぁとおもう今日この頃です。

今シーズンもたくさんの出会いを楽しもうとフックを巻きながら妄想中です。




【D-3フィールドスタッフ 小林孝平】

アメマスに思うこと。【D-3フィールドスタッフ 前田洋一】

気温が上がり風も無い穏やかな休日、
ロッドを振っていた僕に良型のアメマスが掛かった。
本流で釣れるのは本当に久しぶりだった。

僕が一番お世話になった魚といっていいだろう。


大型とのやり取りや、腕が痛くなる程の爆釣、
そしてボウズで終わりそうな1日を回避してくれたのもこの魚。
アメマスの経験で色々なことを学び、今こうして楽しめているのだと思う。



前あめ1


近年、僕の住む道東地方のアメマスはかなり減少傾向にあると思う。
減った理由として色々な噂が流れているが、
僕自身は、多少なりとも僕達釣り人にもその要因があるのではないかと考えている。


低水温や濁りにも強く、
高活性の時はかなりイージーに口を使ってくるこの魚は、
年中アングラーの好ターゲットになっていて、
特に産卵期に河川に遡上する時には群れるので、
そんなアメマスが溜まる場所には大勢の釣り人が集中する。


強靭なタックルでジグやヘビーシンキングミノーを投入し、
必要以上のアクションを加えてのスレ掛かりを狙っている人。
その傍らで傷だらけになり息絶えているアメマスも何度も見て来た。

産卵期に釣ってしまった個体は産卵行動に参加しなくなるとも聞いた事もあるので、
このような事が何年も続いてきた経緯を考えると、今個体数が減っているのも必然と思える。


日本古来からの固有種で北海道の風物詩ともいえるアメマス。

この釣りをもっとも楽しめるシーズンが始まっても
フィールドが閑散としている風景を見るとやはり少し寂しい。


最も良いシーズンにこれからもずっと楽しませてもらえるように、
産卵期には種川をそっとしておく事や、釣りかた、リリースの仕方、
僕ら釣り人が少しだけ意識を高く持つことで出きることがあると思う。


皆をたくさん楽しませてきてくれたこの魚にもう少し敬意を持つこと。
そして少し恩返しをする時期になったのではないだろうか。



【D-3フィールドスタッフ 前田洋一】

ビギナーズラック  【渡邉サユリ】

2年前に彼の影響で始めた魚釣り。



子供の頃に父に連れられやったことはあったけれど
その後は父が釣った魚を食べる専門でした・・・
料理することにはけっこう自信があるんですけどね♪



昨年には彼が釣り竿をプレゼントしてくれて
それからちょっと真剣になりました。


昨夏、熊が出るから離れるな と言われながら釣れたアメマス。


魚が大きくて、腰の引けた不細工なスタイルでこらえていると、下流に走った彼がすくってくれました。




煮付け? と聞くと大笑いされました・・・

記念撮影もしてもらったけど日除け完全装備の私の写真は完全に不審人物・・・

友人に自慢しようとLINEを送ると『この魚美味しいの?』と返信・・・




うまく投げれないので、
渡された黒いファーラップを付けて
言われるがまま竿を下流に向けてじっとしていたら掛かってしまいました。

ビギナーズラックなんですけどなんだかとても嬉しかった思い出です。

今年も釣れるといいなぁ

初釣行   【D3フィールドスタッフ前田洋一】

2017年。
酉年生まれの年男である僕は元旦から絶好調!


生まれてから一度も当たった事の無いビンゴゲームで、一等賞。

毎年買っているお守りも、ちょっと高いものを買って貰えた。

初詣のおみくじも、もちろん大吉。



そんな僕の初釣行は………。







釣れないはずがない。(笑)


良いシーズンになりそうだ。