東の湿原・西の渓流にて   【日野 彰】

海が本当に調子悪く、
河川での釣行にストレス解消してもらう釣行が続いております。
海アメが調子悪いので遡上のアメマスもタイミングがズレて例年より2週間遅れてやっと個体を確認できました。

4コピー
ヒットルアーはダリア45SSのピンクとCGヤマメ。


渓相がフリーストーンから湿原へ切り替わる流域でも、
小さく、安定した飛距離と適度な潜行深度が遡上アメマス狙いに適しています。

--コピー1

雨で増水し、立ち込むのも困難なので、
ブッシュの中からアンダーハンドでキャストし、
流芯に入ったところで小さいシェイクを入れながら横切らせると2本立て続けに飛び出ました。

2--コピー
水圧を味方に付けヒヤヒヤしましたが今季初キャッチの遡上アメマスでした。


ところ変わって西の渓流にて。
西側ではアメマスの遡上まで、まだ1ヶ月あるので細渓流で渓魚を狙ってきました。
こちらでも、立ち上がりの早さが好反応を引き寄せます♪

貧栄養の渓流で育っているせいか、頭が大きく目も大きいイワナです。
ヤマメもそんな感じです。
3--コピー
ヤマメといえばファットで重量感のある個体が魅力ですが
細身で頭が大きく色が濃い個体も良いものですね。


ロッド:リップルフィッシャー トラウトプロト54
リール:セルテート2004CH
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2号