FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の虹鱒 【 赤間大輔 】


少し前に新しい相棒として手に入れた BKT‐608-OH

『トラウトのビッグワン狙うんならこうでなきゃな…』
と感じる独特でありながらも安心できるアクションと絶妙なレングスだ。

まだ魚を掛けてはいなかったが、なぜかすぐにピンと来るものがあり、
振っていて楽しいと久々に思わせてくれるロッドだった。


冬の気配を感じるこの日、
通い慣れてはいるがあまりいい思いをしたことがない支笏湖へ行くことにした。


しかし例に漏れず、何も無いまま時間はあっという間に過ぎ去り、
もはや無駄とも思えたポイント移動中には、いつも寄るラーメン屋のことばかり頭に浮かんでいた・・・(笑)


『・・・これはいかん。最後の場所で30分だけ悪あがきをしよう・・・ダメならまた来ればいいさ。』

などとカッコイイことを口にしてみるが、実際はそんな風には思えないのが残念なところ。


移動したポイントでは濁りが多少入っていた。

そこでシルエットをはっきりさせるためルアーをD3カスタムスプーンのBPRカラーに結び変える。

濁りには黒が効くと信じて、強い向かい風を切り裂いてすっ飛んでいく真鍮板をゆっくり巻いてくる。

結果はあっけないほど数投でついた。
釣れるときなんてそんなものだ。

体感だと10分くらいかかった気がするが、おそらく3分くらいだろう。

akama2.jpg

支笏湖らしいシルバーメタリックにしばらく見惚れた。

水中だと背中が真っ青で、ブリと見間違えるほど青が強いのが印象的な個体。
ファイトもブリかと思うほど強烈の一言。


このロッドは、しなやかに曲がりながら魚をオートマチックにグイグイ寄せてくれる。

まさに、柔よく剛を制す。そして、唯一無二。

北斗の拳でいうとトキのような存在感



akama1.jpg

これからまたどんな魚に会わせてくれるのかとても楽しみなロッドである。

勝利の帰り道。
やはりいつものラーメン屋だったが、トッピングは2つ増しだった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。