猛暑日の釣り  【 D‐3フィールドスタッフ 前田洋一 】

7月。

僕の住む十勝は30度を超える日が何日も続き、
最高気温37.1度を記録した日もあった。

文字通りの猛暑日の連続に身体はグッタリ。
これはもう「災害」と言っても良いレベルではないかと思うほど。


しかし、そんな中でもやっぱり釣りには行きたくなる。
m1.jpg

午前中のまだ涼しい時間を狙って川へ。



ためらいながらもウェーダーを履き、
KAIDのヒップバッグにはドリンクを2本。

m5.jpg


陽炎で揺らめく河原を釣り歩く。
水はかなりぬるい。


厳しい釣りを予想していたが、意外にも魚は好反応。
日陰や早瀬をテンポ良く攻めると数本の良型がロッドを絞り込んでくれた。

m4.jpg

とても涼しそうな表情で写真に収まってくれた魚達。


m2.jpg



魚にとってこの水温は暑いのだろうが、
人間の僕から見るととても気持ち良さそう。


つい最近まで
「 早く暑い夏にならないかな 」 
なんて思っていた自分。

今はもう
「 早く涼しい秋にならないかな 」
と、思っている。


【 前田洋一 】