シャロークランク   【 田代兼一 】

雨の中、山奥にブラウンを狙いに先輩とともに向かった。

少し濁りがあるが水量は思っていたほど増水しておらず水温の低下も見られなかった。

春先は大型が浅瀬まで追いかけて来るのが見えるので、
慎重に川に近づき昨年いい思いをさせてもらった80mmのシンキングミノーで広範囲を探るが反応は無い。


そこで気持ちを切り替え購入したてのシャロークランクにてトライ。

なんともいえないブリブリとした感触を感じながら
朽ち果てた大木周りの深みを福ゼミシャローが通過した瞬間
大きな口をあけヒット!!

けん1


すべてが丸見えだったので合わせも完璧だった。

この川にしては珍しい色が薄い固体で、季節柄なのかすこし痩せていた。

快く釣りに送り出してくれた妻に感謝した一日でした。