夏の終わりに 【 D3フィールドスタッフ 小林孝平 】


今年の夏は雨が少なく、どこの川も夏枯れ状態。
待ち望んでいたまとまった雨に、友人と慎重に川を選び本流へ向かった。


狙いは晩夏のヤマメ。

IMG_0647.jpg

予想通りに水位が上がっていい感じ。

期待を膨らませながら速い流れにバルキッドを流すと開始直後ロッドが曲がる。
そこそこの重量感がありジャンプもしない。

期待を胸にランディングすると、一発目から綺麗なヤマメに出会う事ができた。

IMG_0645.jpg

ホッと一安心と気持ちに余裕ができる。

IMG_0646.jpg



数分後には、今度は友人のロッドが大きく曲がる、、、


でかい?!



数分のやりとりの末上がってきたのはミサイルみたいな立派な虹鱒。
IMG_0648.jpg


IMG_0649.jpg


二人とも大満足な釣行でした。


蝉を浮かせる  【 D3フィールドスタッフ 前田洋一 】

夏の釣りと言えば、セミプラグのトップウォーター。

今となっては説明もいらなくなったこの釣りに僕はドップリとハマっている。


セミルアーの代表格、福ゼミ。
そして今年リリースされた福ゼミシャロー。


この2つさえあれば何もいらないのではと感じてしまうほどだ。


IMG_0655.jpg

いつ水面を割ってくるかわからないドキドキ感と
なかなかフッキングしてくれない時のもどかしさが、もう堪らない。


日を追うごとに小さくなっていく蝉の声。


IMG_0656.jpg


今年はいつまで楽しめるかな。




世界遺産知床  【 D3フィールドスタッフ 前田春菜 】

2年ぶりに行ってきました!

知床ーーーーー!!!


2年ぶりに行ってきました!
海の透明感!
見渡す限りの絶景!!
同じ北海道とは思えません!!!


テンション上がります!
カラフトマス釣ります!
よーし!
まずは1投目!

きた。 きました。
IMG_0621.jpg


ガヤーー!
あはは…



その後ガヤ姐さんとあだ名がつくぐらい
IMG_0622.jpg

ガヤ釣りまくりました!笑



それから
海を見ながら
後ろを気にしながら…
キャスト!



釣れました!
IMG_0620.jpg

カラフトマス!
これこれ!というファイト!

遠いけど来てよかったと思える魚です。


ロッドは ブラキストン706ML
海、湖、本流と万能です。


普段釣りをしていて
出会いたくない熊も知床は別。
見たいです。熊!笑

ですが今回も出会えませんでした・・・


後日、熊いたよ。
と写真送っていただきました〜!

IMG_0619.jpg

大自然で釣りをする有り難さ。
これからも大事にしていきたいですね。


ビッグママ   【 石倉和昇 】

蕎麦畑がもっとも白く輝く季節。
とある本流へと開拓に向かった。



9月の声が聞こえてくると山女魚釣りしか考えつかない。

お盆はどこかボカーンとしていて独特の雰囲気。
それに相まって釣れない時間が続く・・・

目の前に大きな淀みに、つい先日レクチャーを受けたトップの釣り方を試してみた。

福蝉シャローを結び、一番強い流れにキャストし、、、煙草に火をつけ小休止。

『 そういえば? 』

と思いロッドを煽ると水中で何かに掛かっている・・・

それでも気にすることなく回収を試みると、
伝わった感触に嫌な予感がした。

ロッドは先日手に入れたばかりのブラキストン408UL。

折られてたまるものかと優位的な場所を探しドラグを調整しながら20分、
耐えに耐え、なんとか岸際に寄せる事ができた。

石IMG_0482




横たわるビッグママ。

石IMG_0483
まるで、マライヤキャリー のようだった。



このロッドの秘められたパワーにもおどろかされたが、
いくつのも幸運にも助けられ穫れた一匹だった。



石IMG_0480

さぁまた、このロッドと山女魚を釣りに出掛けよう!!




猛暑日の釣り  【 D‐3フィールドスタッフ 前田洋一 】

7月。

僕の住む十勝は30度を超える日が何日も続き、
最高気温37.1度を記録した日もあった。

文字通りの猛暑日の連続に身体はグッタリ。
これはもう「災害」と言っても良いレベルではないかと思うほど。


しかし、そんな中でもやっぱり釣りには行きたくなる。
m1.jpg

午前中のまだ涼しい時間を狙って川へ。



ためらいながらもウェーダーを履き、
KAIDのヒップバッグにはドリンクを2本。

m5.jpg


陽炎で揺らめく河原を釣り歩く。
水はかなりぬるい。


厳しい釣りを予想していたが、意外にも魚は好反応。
日陰や早瀬をテンポ良く攻めると数本の良型がロッドを絞り込んでくれた。

m4.jpg

とても涼しそうな表情で写真に収まってくれた魚達。


m2.jpg



魚にとってこの水温は暑いのだろうが、
人間の僕から見るととても気持ち良さそう。


つい最近まで
「 早く暑い夏にならないかな 」 
なんて思っていた自分。

今はもう
「 早く涼しい秋にならないかな 」
と、思っている。


【 前田洋一 】

開拓する楽しさ。   【 吉田広哉 】

毎年7月から8月にかけては
ヤマメの河川を開拓するのが私の何よりの楽しみです!

こうあふき

Googleマップとにらめっこしながら色々想像して川を探し、


今年から始めたスピニングでヤマメを釣るのが今年の一つの目標でした! 

まだまだ慣れないスピニングタックルで、気難しいヤマメに挑戦するには一抹の不安がありますたが、
ブラキストン408ulを手にいれたことでモチベーションも上がり、
なによりキャストのしやすさが格段に上がりました!

kouyayamame.jpg



小さな魚でも綺麗に曲がり、開拓では何が釣れるかわからないドキドキも相まって最高に楽しい!!



kouyaいわな

魚にあわせたタックル選びはその釣りをより楽しむためには大切だと改めて学びました!





こうやとんb

ライトタックルでの釣りにしばらくハマりそうです!