幸先の良いスタート 

【千歳市の羽賀さんからのレポート】




今日は久々に仲間3人で釣りに行くことになりました。

手はじめに支流で数匹のブラウンと遊ぶも雪解けの濁りがしだいに強くなり諦めることに…
そこで最近、良い釣果の情報が多い千歳川を攻めてみる。
苦手意識のある千歳川の本筋で、しかもロッドは想定外の503UL・・・

でも、魚が居るイメージをしっかり保って
トレースライン と レンジを外さないようにキャストを繰り返す。
コツンとした小さい当たりに合わせると、魚は流芯を一気に降り始めロッドが弧を描きました。

うーがーbr
菊松が連れてきてくれたのは元気いっぱいのブラウントラウト。

粘り強いブランクなので、
ジャンプを繰り返して走り回るブラウンを旨く自分のところまで寄せてくれました。
本当に頼りになります。

ロッド Blakiston503UL
リール CERTATE2506H
ライン sight edition 5lb.
ルアー 菊松「青銀」

始動   【本間一樹】

子供たちにもそれぞれの用事があり、久しぶりに夕方までの時間に余裕ができました。

「明日は、久しぶりに釣りに行ってくるよ」と家族に告げると
「私も連れて行って」と妻が数年ぶりに自分のロッドをひっぱり出してきました。
_IGP3908ほんまさん
自分もほぼ半年ぶりにロッドを握るのに数年ぶりの妻を同行しての釣行に少し不安を抱いていました。


近場の河川を覗きながら1時間ほど車を走らせ
予定の川へと到着すると友人の車が止まっていたので仕方なく隣の川へと移動。

キャストを始めると程なくして妻のロッドが絞り込まれ、
久しぶりの手応えはアメマスの46cmでした。
_IGP3912ほんまさん
アメマスのニョロニョロ感が駄目なのでニコパチは拒否されましたが、久々の釣果に2人とも一安心。


私のBKT503ULも大きく曲がり、
菊松を銜えて上がってきたのはアメマス50cm。
_IGP3909ほんまさん

撮影をしていると下流から先ほどの友人が現れたので
上流のほうへ少し釣りあがってみたがノーヒット。

なかなかのサイズが遊んでくれたので
昼食後は小さな川で小さなイワナ達と戯れて帰宅しました。



源流のイワナ   【荒川大悟】

ダートの林道をモリモリと車で上がり、
車を停め、少し歩いてから、沢に降りる。

あらかわさん
午後から上流域にイワナの顔を見に行きたいと考えていました。

昼まで晴れていた天気がどうも怪しいので、
短時間な釣りになるだろうと思い、そそくさと釣り上がる。

今日は久々にPEラインを巻いてきた。
ブラキストンにカーディナルで、PEラインをヒュンヒュン、キュンキュン鳴らしながら、ダリアを操作する。

初めて訪れた場所なので、ここにイワナがいるかはやってみて確認するしかなく、
小一時間釣りあがってみたものの魚らしき反応は一度だけ・・・・
それも、魚種まではハッキリ確認できなかった。

雪がチラチラと舞ってきたので、そろそろ引き返そうかと考えていると、
枝沢を見つけ、少しだけ探ってみることに。

本の小さなスポットで、チャート色のダリアを躍らせると・・・
しなやかなブラキストンが弧を描き、イワナを連れてきてくれた。
あらかわさ2

写真を何枚か撮らせてもらっていると、雪が本格的に降りだした。
後ろ髪を引かれつつ、足早に沢を後にしました。

タックル
ロッド: ブラキストン503UL
リール: カーディナル33X(アベイルカスタム)
ルアー: ダリア45ss
ライン: PEレジンシェラー0.8号
リーダー:フロロ8lb

解氷   【日野彰】



冬の間、長きにわたり氷に閉ざされていた湿原河川が
ついに解氷したので仕事前の2時間。釣りに行ってきました。

この時期は中流にアメマスが滞留しているようで
小型ではありますが短時間で楽しめる釣りです。

P3270023ひのくん

春めいてきたとは言え、残雪残る釣り場に降り立つと
ピリっとした冷え込み。早速ルアーを投入するも、数投でガイドには氷が・・・

倒木によりできた緩流域や、流芯の深みを丹念に探っていくとすぐに反応がありました。
さらに移動し打ち込んでいくと、アベレージである35cmクラスのアメマスのチェイスを確認。

ここで、小型肉厚のベルスプーン10gヤマメを投入。
クロスにキャストしカウント最中にコツンと手応えがあり小さいモーションでフックアップ。
間もなくキャッチしたのはアベレージです。
P3260004日野君
この河川は魚の居るところと居ないところがはっきりしていますが
一つのポイントで2桁が期待できる魚影の濃さです。

数は詳細に数えていませんが、
一箇所で相当楽しませてもらいポイントを移動


終了時刻も迫っていたので、これまで流さなかった
倒木のキワどいスポットにベルスプーンを投入。
リーリングによる小さいリフト&フォールにガツンとバイト。

細かい枝に絡みそうだったのでロッドパワーを生かし
強引に水面に引きずり上げ更にそのまま抜き上げました。
P3260005日野君
ここでは大型の部類にはいる60ジャストでした。

まだ始まったばかりで徐々にプレッシャーがかかりそうですが
もう少し何度か通ってみます。


ロッド clover
リール セルテート2510PE-H
ライン PE1.2号
リーダー 6号