今日は蝉の日 【D3フィールドスタッフ 小林孝平】

今日は蝉の日


気温も高くなり家の周りでも蝉の声が聞こえ始める。


きっと川でも蝉が大合唱してるんだろうと思い心が弾む。
ルアーボックスにはトップウォーターのルアーをメインにセレクトして入渓した。

IMG_9814.jpg

やっぱり聞こえる 蝉・蝉・蝉 の声。 
少し喧しいくらい笑


初夏の季節を感じながらストラクチャーメインに手始めに福蝉で探る。
素直に高反応してくれるブラウン!




IMG_9815.jpg


僕はトップウォーターの釣りが本当に好きでシーズン中は常にボックスに入れている。
北海道の短い夏を楽しみます!


この日言うまでもありませんが両手とも日焼けで真っ赤に染まった1日でした。


神様のいたずら 【D3フィールドスタッフ 前田洋一】

昨日、ここで妻のルアーに大型ニジマスのチェイスがあった。



「50以上はあるいい魚だったなぁ。」


そう悔しがっていた妻は今日のリベンジ釣行をとても楽しみにしていた。

もちろん僕はカメラ担当。

「 釣り上げて欲しい!」
そう思いながら離れて見守っていた。

IMG_9809.jpg




しかし期待とは裏腹に反応は無い様子。



妻が一通り探りきったのを見て、

「諦めて次のポイントに行こうか。」

そう提案しようと妻の方へ向かいながらダリア65Sを何気なくキャスト・・・・

「 グンッ!!!」  


「 !? 」

「・・・ 嘘だろ? 」


50cmを超える虹鱒がロッドを絞る。


真っ赤な顔で怒りながら駆け寄る妻。


真っ青な顔で魚とファイトする僕。



もちろんニコパチ写真なんて撮ってもらえるはずが無かった。


IMG_9810.jpg


帰り道の車内も…笑


初心に  【 吉田広哉 】

こうこう


今年から新たに挑戦している亊があります、それはスピニングタックルでの釣り

ルアーフィッシングをはじめた子供の頃から
ベイトタックルのみでやって来た私にとっては、スピニングタックルが大挑戦!

ハンドルも、ロッドを持つ手も、リールの位置までもすべてが逆になるため、大忙しです(笑)
それに加えフェザーリングも覚えなければなりません・・・


ですから、全ての操作がままならない状態・・・


そんな私には、ルアーはただ巻きで十分アピール出来るものがありがたいのです。


ファーラップはレンジコントロールがしやすく、
普通のスピナーの苦手とするディープレンジも楽々引いてくることができます。

2017_0530_11564900.jpg

糸ヨレもなく
逆引きでも抵抗が少なく
そして、飛び出さない!


初心者には本当にありがたいルアーです(笑)

2017_0530_10384400.jpg


新しい試みで釣れた魚はやっぱり嬉しいものですね!

そして、新しいことにチャレンジするということも本当に楽しいものですね!




釣りを始めた頃のワクワクを再度あじわっています!

やった! 【 D3フィールドスタッフ 前田春菜 】

暑いなΣ(-᷅_-᷄๑) という日。

肌寒い(>_<) という日。

でも、カエルや植物見ると季節を感じますね♫
HL2.jpg



天気も良いので、どこに行こうかな〜なんて考えるのも楽しくなります。
HL3.jpg


釣り場に到着してポイント発見!



どこから攻めよう。なに付けようかな。
天気もいいし、魚も深場で休んでたりして…♫

と考え、結んだのはダイビングダリア。



何回かキャストしても無反応…

『 まぁ開始して間もないし〜こんなもんですよね。』

と立ち位置変えて、キャスト。


重い当たり! あわせる!!

そこからは木の下に潜られそうになりながらも
なかな寄ってこないファイトを楽しみつつ
見えた魚体に感動☆


HL1.jpg
やったぜー!!

ナイスニジマスでした(о´∀`о)


雪代明け  【 吉田広哉 】

そろそろ雪代が収まった頃だと思い渓流へ。
このタイミングであれば、虹鱒の産卵も終わりようやく心置きなく狙える季節。
kouya4.jpg


手始めに岩盤のスリットに、ダイビングダリアを流し込むと強烈なアタリ!

序盤でやけに素直に寄ってきたので、
魚が余力を残してこちらの隙をうかがっていると思い反撃に備えていると
思ったとおり再びダッシュとジャンプでテイルウォークを決める!
kouya3.jpg
虹鱒らしい最高のファイト!

無事ネットインしたものの、写真を撮ろうとネットを外すと
猛ダッシュで逃げられてしまいました・・・
たまにやらかすんです・・・

でも、写真には残せませんでしたが、
僕の心には顎のシャクレた立派な雄虹鱒がしっかりと記録したので良しとします!(笑)


同じカラーのダイビングダリアで釣れたもう1本
kouya1.jpg
サイズがずいぶん違うな・・



そしえ、もうすぐ最盛期の蝉パターン
kouya2.jpg
福蝉シャローでもう1本



昔は写真なんて無くても釣り人同士の自慢話が全てだったよなぁー
などと考えながら心地よい疲労感と共に帰路につきました。